2010年1月アーカイブ

DSC03631.JPG昨年の9月より2ヶ月に一度程度のペースでNORM(ノーム)の会なるものを開催しております。NORMNara Orthopedic Research Meetingの頭文字をとったものですが、研究をする上で、時に濃霧の中を進むように感じたり、実験結果が夢に出てきて悩まされたり(悩夢)、結果に一喜一憂して酒を呑むといったこともあるやに思い、ノームと名付けました。実際にビールでも飲みながら、基礎・臨床研究を問わず、その成果あるいは課題や疑問などをざっくばらんに語り合おうというのが会の趣旨です。これまで200998日、1110日、2010112日と過去3回開催してきました。開催は不定期ですが、火曜日の夜19:00頃より医局で開催しており、次回は413日を予定(ORS-AAOSの報告会)しています。臨床に忙殺され、研究にまでなかなか手が回らない状況もあるかと思いますが、4月からは2名の大学院生も教室に加わります。学内外関係なし、出入り自由、とりあえずビールでも飲んどこかというのでかまいません。二昔程前は、学外の先生も夜な夜な研究室へ実験に戻られて、その傍らではお酒が酌み交わされて、今どんな実験やってんの?などと穏やかな時間が研究室に流れていました。総合研究棟ができて、実験環境も当時とは変わりましたが、そんな心と雰囲気を大切に、生涯一捕手ならぬ生涯一医学徒であり続けたいと思います。ノムさん

留学生

| コメント(1) | トラックバック(0)

今、奈良医大に韓国からの留学生が来ています。

 

奈良医大は足の外科が盛んです。今年の6月に日本足の外科学会を奈良で行う予定ですが、その関係で?韓国から足の外科の勉強をしに一ヶ月程滞在してます。

 

今日は、韓国大好きな研修医の先生の家で焼肉をしているみたいです。

 

日本と韓国は国際的にはいろいろあるようですが、そういった交流が存在することはやっぱり嬉しい気がします。

 

僕は手の外科に属していますが、手の外科も韓国では盛んで、以前アメリカでの学会でシアトルに行った時も、多くの韓国の先生達が、韓国で学会があるからまた来てや、と熱心に誘ってくれていたのを思い出しました。

 

隣国同士、切磋琢磨できるいい関係であり続けられればいいなと、ふと思った一日でした。

 

S

年賀状用1.jpgのサムネール画像のサムネール画像新年明けましておめでとうございます。

 

奈良医大は1月4日が仕事始めでした。

 

年末までいたローテーターの先生達が移動し、新しいローテーターの先生が来てくれました。

ローテーターの先生はだいたい3ヶ月程度整形外科にいて一緒に仕事をすることになります。

 

整形外科を専門としている自分にとって、たった3ヶ月でも整形外科を選択してくれたローテーターの先生は『なんてええ人や』と、勝手にいい印象を持ってしまいます。

 

実際3ヶ月と割り切って来てくれる先生も多いですが、そんなことは気にしません。

外科系の中で、うちの整形外科を選択したくなるような、楽しい雰囲気を維持できたらいいと思っています。

 

新しいローテーターの先生、3ヶ月よろしくお願いします。

 

最後になりましたが、奈良医大整形外科に縁のある皆様、今年もよろしくお願い申し上げます。