航空券

| コメント(0) | トラックバック(0)

10月にボストンでアメリカ手の外科学会(ASSH)があります。

 

今年も上の先生に誘われてこのASSHに行かせてもらうことになり、今日、往復の航空券をユナイテッド航空で予約しました。

 

このユナイテッド航空の予約は不思議なもので、英語のサイトから入るのと、日本語のサイトから入るので微妙に値段設定が違うみたいです。

 

詳細は不明ですが、日本語のサイトから入ると『キャンセルできないちょっと安めの航空券』、英語のサイトから入ると、『キャンセルできるちょっと高い航空券』を知らず知らずに買うことになります。

 

「これってどういうことやねん」と、違うチケットを買った一緒に行く予定のM先生と話になりました。

 

結局、「日本人は真面目やし、日本語のサイトから購入する人は英語が苦手やから、キャンセルとかせーへんし、安いんちゃうか?」ということで話は落ち着きました。

 

航空会社がそれぞれの国民性を想定してそうしているのかは知りませんが、ほんとにそうだったらすごいなと思います。

 

あそこの国の人をこの値段に設定している理由は、実は。。。です。みたいなこと分かったら、ちょっとおもしろいなあとふと思った一日でした。

 

S

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.naraseikei.com/mt/mt-tb.cgi/34

コメントする