ノムさん逍遥-31

| コメント(0) | トラックバック(0)

近鉄菖蒲池駅を南に下った蛙股池(菅原池)にかかるあやめ新橋からの眺めは、散歩道のなかでも最もお気に入りの場所です。東を見れば、遠く若草山や高円山に包まれて奈良市街、大仏殿の屋根も小さく望むことができます。西を見れば大和文華館、帝塚山学園の建物が夕陽に輝き、橋を渡りきったところにはあやめ池神社の小さな社が菅原道真公と野見宿祢、市杵島姫命を祀っています。もうすぐ神社の梅が咲き、春には池沿いに桜が咲きほこり、とても美しい場所なのです。旅先の素晴らしい景色もいいですが、心が疲れたとき、身近にある風景をゆっくりと愛でるのもいいものです。

新年にあたり、初心に帰って。朝に院に着けばまず患者さんの顔を見に行き、夕に院を辞する際にも患者さんの顔をみて辞す。検査、機械を差し出す前に、まず患者さんの話を聞き、患者さんに触れること、熱を測るのは、体温計ではなく、まず手のひらであるということ、'偉い先生'より'ええお医者さん'であることを国やraceに関係なく教えていただいた先生方の姿勢を大切に、少しでもそれに近づきたいと思います。

'Example is leadership, (Albert Schweitzer)'  ノムさん

P1010836.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.naraseikei.com/mt/mt-tb.cgi/54

コメントする