2012年9月アーカイブ

ASSH in CHICAGO

| コメント(0) | トラックバック(0)

95日から8日にかけてChicago67th ASSH(American Society for Surgeon of the Hand)が開催され、奈良医大マイクロ・手の外科グループで参加してきました。今回はH先生がAdrian E. Flattでの口演、N先生がIWIW(International Wrist Investigators' Workshop)での口演、e-posterの演題が7名と大所帯での参加でした。学会ではOpening Ceremonyで"America The Beautiful"のゴスペルから始まり最新のReserchを中心とした演題発表に耳をかたむけ、時差ぼけと戦いながら有意義な学会参加となりました。



玉井名誉教授のプレート



また今回の学会参加でのもう一つの目的はInternational Museum of Surgical Science(国際外科医学博物館)を訪問することでした。3階にはJapanese sectionがあり、そこに展示してありますJapan Hall of Fameの玉井名誉教授のplateを拝見してきました。玉井先生も一緒にきてくださり、外科殿堂入りの偉業を目に焼き付けてきました。もちろん記念撮影もパシャリ。晩には全員でステーキハウスでの楽しいディナーを過ごしました。お肉おいしかったです。


      大学院 K.N

記念撮影お肉

あのオリンピックもはるか昔のように思われるくらいに、あっという間にもう9月の声を聞くというのに、この暑さは只者ではない。そして、かの国々でもその暑さを引きずるかのごとく熱いデモを繰り返している。思えば、オリンピックの価値を台無しにした馬鹿者の行為がこの暑さをもたらしているとも言えるのか。当の本人のメダルはいうに及ばず、チームそのものの(繰り上げ3位など拒否して、3位該当なしというもっとオリンピックを台無しにすることだってできる)、あるいは政治介入かまびすしい当該国のサッカー協会の資格停止にまでFIFAでは議論に及んでいるはずであろう。さもなければ、FIFAお得意の銭ゲバ収賄としか考えられぬ。やはりベースボールの方が美しいか。それでもナデシコとカガワは素晴らしい。

今朝の朝刊で、一橋大学名誉教授の野中先生が、「経営は科学であると同時にアートでもあることが重要である」と述べておられた。これはくしくもオスラー博士の「医学はサイエンスであると同時にアートである」という言葉とまったく一致する。今朝の記事で、野中先生は、企業経営における形式知、暗黙知、実践知の3つの知を挙げておられる。これも医学とまったく共通することに気づいて驚いた。形式知は、いわば国家試験や専門医試験、そしてガイドラインに相当する。必要ではあるが、それで医師として完成するわけではない。そのギャップを埋めるのが、数量的に言葉にあらわすことが困難で、現場での経験が生むところの直感的な暗黙知である。形式知ばかり身に着けた机上の知だけでは、臨床の諸問題は解決することはできない。そこに経験に裏打ちされた暗黙知が加わってはじめて実践知が働くことができる。暗黙知をブラックボックスの外に引っ張り出し、新たな実践知を生み出すことが学会の役割であると考える。経営学と医学、離れたところにありながら、実は近い位置にあるのかも知れない。愚呑坊