玉井進記念四肢外傷センター

| コメント(0) | トラックバック(0)
『世界で最初の完全切断指再接着成功50周年 
井進記念四肢外傷センター設立記念シンポジウム』

が1月9日に本学の大講堂で開催されました。

「近代外科学の常識を変えたマイクロサージャリー ~それは奈良から始まった~」
という講演を約90分程していただきました。

玉井先生は本当にお元気で、90分間で、様々な業績を、休むことなくお話頂きました。
一般の方も、多くご参加いただき、とても盛況でした。

マイクロサージャリーは、1㎜程度の血管や神経を修復するような特殊な技術です。
脳神経外科、頭頸部外科、脊椎・脊髄外科、血管外科、形成外科など様々な分野でその技術が応用されています。

マイクロサージャリーを用いた手術は、高い技術が必要であるだけでなく、非常に長い手術時間を要し、体力も必要です。件数が増えれば一人でやっていくことは困難であり、成功率を高めるためにもチームワークが非常に重要になってきます。

全国的にも、外傷に付随する組織の再建、神経血管損傷の修復は、整形外科ではなく形成外科や血管外科に一任する施設も多くなっているのが、今の現状です。

玉井先生のもと、奈良医大の整形外科には多くのマイクロサージャンがおられ、上記の様な手術も僕たちが今でも携わっています。奈良は、この技術が整形外科医に伝承されている傾向にあり、僕たちにとっては、伝統芸能に似た、少し重みのある技術でもあります。

伝統芸能の継承には、大変な努力と困難を必要としますが、整形外科医がマイクロサージャリーを行う、奈良の『伝統芸能』を、玉井進記念四肢外傷センターを通して、末永く継承できることを切に願います。

みんなで頑張りましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.naraseikei.com/mt/mt-tb.cgi/132

コメントする